美容・健康・ダイエット Feed

2009年10月19日 (月)

猛威をふるっていると思います!?

先週、水曜日に運動会が開催された後、もう、大変でした。

当然、平日に開催されているため、次の日は、登校日。

欠席者が、在校生の1割程度出た模様。原因は、当然、新型インフルエンザ

学級閉鎖どころか、学校閉鎖sign03 ひぇsign04sign01

インフルエンザ、猛威をふるっております。

我が家では、坊主spadeが運動会前に、発症し、続いて、金曜日に、嫁さんdiamond

恐るべき感染力。

当然、お嬢やこちらにも、感染するだろうなぁと思い、土曜日を迎える。

土曜日の朝、こちらも、ちょっと熱っぽいので、体温を測ると、37.3度

それ以後、同程度の微熱が続き、も出始めました。

寝る前に、役に立たないかもしれないが、市販の風邪薬を飲むthink

ついに来たかと覚悟を決め、日曜日、午前中、38度に上昇。

このころ、坊主spade完全回復

しかし、こちらは、ここで、くたばる訳はいかないup

何といっても、今日は秋華賞(GⅠ)horse

午前中静養。午後1時頃より、ちょっと、ぼっsign04となりながらも、予想。

午後2時30分、再び、体温を測ると、37.8度

おっ 僅かながら下がっている。気合いかsign02 執念かsign02

午後3時40分ごろ、発走horse

白熱したゴール前、珍しく予想通りに決まりそうで、TV前で大絶叫impact

無事、予想が的中したことを確認し、燃え尽きるdown

午後4時、再度、体温を測ると、38.3度

sign04ん、こりゃ、やばいと思い、救急病院hospitalへ。

就業制限で、新型インフルエンザだと、お休みしなければ。。。。。

病院に着くと、似たような人が、わんさかいます。

鼻をグリグリされ、あの痛い検査を実施。結果、、、、、、、、

インフルエンザ 陰性

ただの風邪か。ふぅ~、紛らわしいsad

でも、まだ、予断は禁物と、お医者さんからの助言

了解しました。肝に銘じておきますdanger

でも、昔にも、似たようなことが。。。家族全員、風邪をひいたとき、

坊主spade→お嬢heart→嫁さんdiamondと順番にインフルエンザ(季節性)に感染。

こちらは、陰性で、ただの風邪。これって、体質sign02 良く分からないsign01

まぁ、それはそれとして、体調も月曜日には、回復しました。

嫁さんdiamondも、快方に向かいつつあり、

後は、お嬢heartに感染するかどうかが心配think

今のところ、何の兆候もありませんok

いたって元気。というより、外に出られないので、うるさいですsweat02

このまま、無事でいてくれるといいのですが。

2009年6月26日 (金)

こちら、歯科医院でございます

ここ最近、どうにも、こうにも、奥歯がズキズキするので歯医者hospitalweep

最近は、お世話になっておらず、約10年振りぐらいの歯医者。

麻酔注射打たれたり、歯を削る音チュィーンbomb

sign04、考えただけでも、嫌wobbly

受付を済ませ、診察室へ。部屋は、結構明るく、雰囲気は良しshine

しばらくすると、まず女性virgoの歯科衛生士さんが診察。

「歯科衛生士の〇〇です。今日は、被せた部分の歯が痛まれるそうで」

「それでは、歯を調べさせて頂きます。失礼いたしま~すheart01

などなど、自己紹介から始まり、かなり丁寧な言葉遣いで、診察。

なんか、雰囲気違うなぁ~think 虫歯と言えば、まず怒られてたpout記憶が・・・ 

こちらも思わず恐縮してしまう。 ” ド~モ~coldsweats01 ”

ゴツゴツ、打撃され、虫歯の位置を確認eye 痛いですimpact

その後、レントゲンを撮るが、何か所、撮ったことか・・・

そんなに虫歯があるのsign02

今度は、歯科医より、これまた丁寧な説明sign03

「奥歯の方に、上下左右合わせて4箇所、虫歯です」

加えて、びっくりな結果coldsweats02 えぇ~、そんなにぃup 自分の不養生を恨むshock

さらに、丁寧な治療方針の説明を受ける。

~になっております」、「~致したいと思います。」などなど、本当に丁寧sign03

ここは、どこsign02 何で、そんなに丁寧なのsign02って言うぐらいにsign03

ここの歯医者さんだけsign02

随分、昔と雰囲気違うなぁup 患者ではなく、まさにお店のお客さん状態note

でも、治療は、昔と変わらず・・・ 麻酔に、研磨・・・・weep

やっぱり、イヤッdown

しばらく通院生活が続きそうです・・・

2009年2月25日 (水)

再々検査。。ようやく

ようやく、再々検査の予約が取れ、病院へ。さて、薬の効果は?検査の結果は?

お医者さん曰く、

「効果が出てませんね。薬が効きにくい体質なのでしょう。でも、まあ、問題ないです」、と。

こちらは、「はぁ~、そんなもんですか」って、感じgawk

ほんまに、大丈夫かかいな???

しかし、薬を服用している間、吐き気、胸やけなど、副作用に苦しめられたが、これで終わると思うと、ほっとした気分であるnotes

最後に、お医者さんから、諸注意が、

「心臓を鍛えましょう。運動をしてください。歩く、走る、泳ぐ何でも結構です」

昔、水泳waveは少しかじったが、現在は、その気力、体力、暇もナシsign02

犬の散歩dogで、カバーするか。

一番、納得がいくひと言は、

「ストレスは、良くないですよ」だ、そうだ。

分かってくれるかな、うちの嫁さんsign02

2009年2月21日 (土)

再々検査   のはずが。。どうすんの?

金曜日は、薬の効き具合を確認するため、いざ、病院へ! のはずが。。。

いきなり、病院からtelephoneがあり、何のことかと思いきや、

「先生の体調不良により、本日の診察は”キャンセル”ということでお願いします」

「へっsign03」と、思わず答えてもうた。

こんなこともあるもんだthink

お忙しそうだったからねぇ~、私の担当医は。

お体をお大事に、ドクター。 って、病人!?の私が言うセリフではないのだがsweat02

でも、次の診察は、いつsign02

2009年2月13日 (金)

禁煙9日目。。。検査、再び。

少しずつ、体が慣れてきた。でも、まだまだ、つらいweep

今日は、朝から再検査。

結果は、不整脈もなく、心臓も至って順調happy02 やったupwardright

と、思いきや、薬での血液状態のコントロールがうまくいっていないそうだgawk

来週、また、来なさいだって。

しかも、薬の量を増やされたwobbly もう~~~down

薬局に行けば、行くで、薬剤師さんより、聞きもしないのに

「昔は、心房細動ぐらいでは・・・、今は研究が進んで、やっぱり予防したほうがいいらしいですよ」

と、安心させようとしているのはわかるが、こちらは、不安を煽られた気分であるshock

もうちょっと、言葉選んでよpout  まじ、ブルーtyphoon

余談だが

それよりも、もっとブルーな出来事が,,,,,

オ、オレのスカーレットheart02がぁーーーーーー、とんでもないことになっちゃった。

さらに、へこむcrying

2009年2月11日 (水)

禁煙7日目。。。ストレスが。。

病気のためとはいえ、まだ、まだ、禁煙nosmokingがつらい。

食後など、smokingも持っていないのに、タバコを吸おうとする行動に移ってしまう自分がいる!

情けないsweat01

そんな姿を見た嫁から、きつい一言。

「ばっかじゃないの」

angryほっといてくれangry ストレス溜める気か!

また、今日のsoccerW杯予選「日本vsオーストラリア」のような中途半端な結果を見てしまうと余計ストレスが溜まってしまう! はぁ

タバコだけでなく、ストレスも、私の病気に良くないはずですよね!お医者さまー

禁煙って、本当に体にイイの??? 疑わしっthunder

ストレスばっかり溜まって、、、もうannoy

2009年2月 6日 (金)

禁煙2日目。。。

禁煙2日目。。。継続中

禁断症状がthunderthunderthunder ニコチンくれーーーthunderthunderthunder

ストレスが良くないと、医者に言われ、やっているものの、

この我慢が、ストレスが、不整脈に良くないのでは???

だ、だ、だれか、ストレスを感じない、楽な禁煙方法、ご存じありませんんbearing

ある訳ないか。

くるちーーー。

2009年2月 5日 (木)

それは、昨日の朝、突然の苦しみでした...

「む、む、胸が苦しい。いや、心臓か?」typhoon 心臓が激しい鼓動を不規則に打つ。

「これは、いったい何?どうすれば、いい?」と、かなり不安な寝起きでした。しかし、意識は、はっきりすっきり、手足は自由に動く。が、やや苦しそうな表情で、嫁さんに相談すると、

「病院、行っとけgawk。しかし、お嬢を幼稚園に送った後でね」 と、つれない返事。  く、苦しいのにshock

お嬢を送った後、大きめな病院に行く。痛い場所が、場所だけに、いろいろな検査を受ける。病院内をたらい回しにされながら(失礼!)、ようやく、お医者さんの検診、説明を受ける。しかし、出てくる単語の詳細は良くは知らないけど、

「不整脈」  「心房細動」  「糖尿病」  などなど  

      :(何か、やばそう?!?おれも歳か!) ※心の声

そして、とどめは、

「脳梗塞」  「あなたの場合は、・・・」 

      :(まじで!△◇%$&?!! ここまでか、って、なにがぁup と かなりパニック状態wobbly

と、やや冷静さを欠き、再度、他の検査へ。すると、そこの技師のお姉さん達が、心臓の画像を見ながら、

「.拡大して..」、「...いや、ここが...」、「やたら脈が速い..」などと、ぼそぼそと会話している。

「なんち、言いよるんかっちゃ?はっきり言えやー!!」

心の中 なぜか、ふるさと方言で)

と、思いつつ、再度、検査結果をもとに、お医者さんからの説明を受け、原因を追及していくと、

「ストレスですかね?心臓は大丈夫のようです。サラサラです。念のため、薬で様子を......」

いやーーーーーーーー、よかった。”ホッ”としたーーーー。しかし、お医者さんから、

「これを機に、タバコを止められたらどうですか?ちょっと、多いようですしね」と忠告される。

家に帰り、嫁に報告すると、まあ、ご丁寧に、最悪な事例を次から次に、教えてくれて、不安を煽る。心配してくれているんだろうと思うが(思いたい)、やはり、嫁からも

「タバコ、止めなさい!それから、缶コーヒーも!」

これまで、JTやコカコーラに多大な貢献をしてきた(つもりである)が、しかし、これは、さすがにつらいかも。

だが、それもこれも、健康のため、家族のため(ボウズよー、お嬢よー 嫁よー)。

がんばってみましょうか、

ぼちぼちと。

できるかな。。。意志の薄弱さは、折り紙つきの私。。。チョーーーーーーーー 不安!

経過報告は、本ブログででも

グルーヴちゃん

  • 競馬ファン向け?だって!

-天気予報コム-

最近のトラックバック

Powered by Six Apart