« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月23日 (水)

第十回桜灯龍

Img_566x800今年で、第十回を迎える

本妙寺 桜灯籠(はなとうろう)

今週末に、実施されます。

こんな時期ですので、いろいろと議論

されたようですが、開催するようです。

実施要項は、以下の通り。

時間 3/26(Sat.)

 17:30~22:00

   (雨天時rain 4/2(Sat.)に延期)

場所 熊本市 本妙寺周辺

ですflair

昨年は、cherryblossom満開の中での実施でしたが、今年は、どうでしょうthink

寒いせいか、周辺では、一、二分咲き程度です。

灯籠flairは、満開の桜cherryblossomの中で、より映えるので、もうちょっと咲いて

ほしいところです。週末や、いかにsign01

また、新幹線bullettrainも開通しましたし、『あっ』という間に、熊本に到着です。

しかし、まだ乗ってないので、良くわかりませんが・・・coldsweats01

・・・

晴れの日は、お越しになってみてはいかがでしょうか。

幻想的な空間へと誘われますよshine

2011年3月17日 (木)

You will never walk alone.

2011.3.11 東北地方太平洋沖地震が発生。

M9.0と、観測史上最大の地震でした。

この東北地方太平洋沖地震災害により、お亡くなりになられた方々の

ご冥福を衷心よりお祈り申し上げますとともに、罹災された皆様に対し

まして心からのお見舞いを申し上げます。

そして、約一週間がたちましたが、本日、仙台の知り合いより、無事との

メールが入り、ちょっと安心しました。

この被害状況ですから、こちらから、むやみに連絡すると、電話等の混線を

引き起こすだけですので、辛かったですが、友人たちと話し合い、代表者だけ

にお願いすることとしていました。

被災地からは、遠く離れた熊本ですが、災害援助のため、災害直後から、

いろいろと動きがありました。

Disasterrescue 近くに、日本赤十字病院があるのですが

医師や看護師の派遣だけではなく、日本に

数台しかないと言われている

特殊医療救護車輌 (Disaster Rescue)

が、出動したようです。

なんでも、車内で救急手術ができるのだとか。

さすが、日赤発祥の地。このような車両を有しているとは。また、日赤病院から

多くの支援物資を積んだトラックが多数出発するところに出くわしました。

警察からも、災害派遣があり、偶然、この出発式に遭遇。

被災地へと赴かれる警察官を乗せたバスに最敬礼です。

また、熊本周辺の自衛隊員も、5000人規模で、熊本市消防援助隊から5隊

派遣されているようです。

このような災害支援に向かわれた方々には頭が下がるばかりです。

どうか、被災地での支援も重要ですが、無事に帰熊されることを祈って

おります。

こちらも、今、自分が何ができるかを考え、行動しなければならないと

思うこのごろです。

2011年3月 3日 (木)

地獄を見た男たち!?

先週の日曜日午後近く、エコパーク論所原を後にし、雲仙へと観光です。

まずは、一旦、山を下り、道の駅『みずなし本陣』へ腹ごしらえrvcardash

2011022713500000_640x480 Img_1936_640x427_2

島原と言えば、『具雑煮』。 具だくさんで、ダシもきいて、おいしく頂きましたgood

この道の駅では、お食事処だけではなく、『大火砕流体験館』や

被災家屋保存公園』もあり、雲仙・普賢岳災害のすさまじさを学ぶことが

できます。なんといっても、この災害当時、父、長崎に住んでおり、かなり

ショッキングな災害であったことと記憶しております。そのため、子供たちに

このことを伝えるのには、力が入ります。

Img_1914_640x427 Img_1903_640x427

腹ごしらえ後は、一路、仁田峠へrvcardash

あいにくこの日は、cloudrainのため、展望所から、平成新山は窺えずcoldsweats02

しかし、最近、土砂崩壊を起こしたであろう痕跡footがうかがえました。

あいにくの天気とはいえ、せっかく来たので、ロープウェイを利用し、

妙見岳山頂へ。ロープウェイから、島原市街を見ると、土石流の対策の

全貌が見られます。

Img_1929_640x427 Img_1931_640x427

到着するも、山頂は寒く、まだ、snowも残っていました。また、普賢岳も見えない

ため、滞在時間も短めに撤収ですrun

最後に目指したのは、雲仙温泉街spa

ここの名所と言えば、当然、『雲仙地獄

私の記憶では、先輩に連れきてもらい、誇らしげに案内されましたが、温泉卵と

別府に比べると・・・・・sign02 といった、印象しかありませんでしたが、よくよく案内

板を見ると、結構広いsign01 記憶の糸をたどると、その当時には、ほんの一部分

しか、案内されていなかったことに気づきましたcoldsweats01

Img_1895_640x427  Img_1891_640x427

Img_1882_640x427_2 硫臭黄が強いですが、至る所で湯気が

立ち上り、お湯が泥とともに湧き、結構

見ごたえがあるなぁsign04

と、再発見flair

子供たちも、その迫力に圧倒されてい

ましたimpact

でも、ホース、温泉を引くための管等、人工的なものが至る所で露出していて、

がっかりする側面もweep

Img_1896_640x427 Photo_2

そして、遠江屋(とおとうみや)さんなどで、各自、お土産を購入moneybag

嫁さんdiamond、これまでお土産でしか頂いたことがなかったようですが、大好きな

「『つくもじま(九十九島)』せんぺいを買ったよlovely」と嬉しそうにしていましたsign01

しかし、それを『くじゅうくしま』と読むことと、佐世保のお土産であることを

伝えると、ちょっとショックを受けたようで、ブーイングdownthundercrying

確かに、島原にも、『九十九島つくもじま)』はあるのですが、このお菓子とは

何の関係もありませんsign03 おそらくcoldsweats01 お菓子メーカーの戦略かとsweat02

Img_1898_640x427 そして、帰ろうと思っていると、何やら

ひょこひょこと現れてきましたshine

そう、これが雲仙ゆるキャラnotes

ウンゼリーヌ

女の子virgoのようです。

このご時世、なにが当たるかわからないので、記念に一枚camera

プレミアshineがつくことを期待しましょうsweat01

個人的には、ご当地『くまモン』の方が、好きかもcoldsweats01

と、まぁ、これを最後に、再び船旅shipを経て、熊本へと帰路につきました。

久しぶりの島原・雲仙観光でしたが、新発見sign01と再発見sign03の多い旅でした。

できれば、今年もう一度、夏にキャンプにきたいなぁsign04

海水浴場waveも近いし、いいでしょうup おくさまsign03

2011年3月 1日 (火)

のんびりゆったりと

先週末は、久しぶりに家族で、泊りがけのお出かけrvcardash

天気も良くsun、2月とは思えない温かさでしたflair

目指すは、長崎県・島原半島へsign01

まずは、熊本港を目指します。

Img_1783_640x427 Img_1819_640x427

到着後は、車rvcarを船shipに乗せ、出港ですdash

Img_1792_640x427 Img_1811_640x427

船中では、かっぱえびせん片手に、カモメの餌付けに挑戦sign01

華麗に空中でキャッチしますが、あやつら、遠慮を知りませんsweat02

カモメの近距離接近に恐れshockをなした坊主spadeとお嬢heart

および腰で、えびせんを投げ、手すりを越えず、船内にぼろぼろと

えびせんが、まかれますsweat01

島原港到着後は、昼食、夕食の買い出しをジャスコで済ませ、今回の

目的地オートキャンプ場『エコ・パーク論所原』へ。

この時期のためなのか、宿泊客は、我が家のみ。貸切状態ですflair

Img_1821_640x427 Img_1822_640x427

今回は、ケビン(10人用)をお借りしました。テラスからは、有明海、天草が

見えますeye

Img_1831_640x427 Img_1825_640x427

テラスに、テーブルといすをセットし、夕食BBQの準備は万端sign01

ケビン下には、ながさき龍馬君が見張ってくれて、安心sign02

Img_1833_640x427_2 Img_1826_640x427

2011022615170000  ケビンの屋根には、太陽光sun発電、

室内には、エアコンはなく薪ストーブimpact

そのほかには、バラや竹の炭焼きなども

このキャンプ場で、体験できます。

その名の通り、まさにエコですねgood


Img_1830_640x427 Img_1832_640x427_2

Img_1835_640x427_2 Img_1842_640x427

キッチンも広く、嫁さんdiamondには、使いやすいと好評でしたheart01

浴室もこれまた広く、ボディシャワー付き。我が家よりも、立派なこと・・・sweat02

また、ロフトもあり、子供たちも、家とは異なる居住空間に、大興奮sign03

2011022615550000 ひと段落したのち、雲仙温泉街へ

このキャンプ場から、車で15分ほどの

小地獄温泉spa

1731年に創業。

かの吉田松陰も訪れたとか。へぇ~confident

お湯は白濁で、比較的さらっと。

でも、熱くて、そんなに長時間、温泉spaにつかることができずcoldsweats01

雲仙温泉街への観光は後の楽しみにとっておき、ケビンへと戻りました。

この後、父、大失態sweat02 夜は、雲仙のお祭りにお出かけと思いましたが、

夕食時、beerに、bottleをおいしくいただき、運転できず・・・ やってしまったsweat02

子供たちが、就寝sleepy後、夫婦で、たき火

これも、キャンプに来ると恒例になり、ゆっくりとした時間confident

夜空は、澄んでおり、星がくっきりnight

そして、久しぶりに見ることができた流れ星☆ミ

都会の喧騒を離れ、時の流れを忘れてしまいそうな夜でしたnight

グルーヴちゃん

  • 競馬ファン向け?だって!

-天気予報コム-

最近のトラックバック

Powered by Six Apart